金沢に行ってきた

2016.01.23 (土) お知らせ, コラム, 募集

北陸新幹線で金沢に行ってきた。以前『オトコノコ時代』では富山に取材・撮影で行ったことがあったので、人生二度目の北陸遠征。新幹線だと東京~金沢間は約2時間半なので、大阪に行く感覚とほぼ同じ。

行きは、大荷物の外国人たちで車内は満席だったが、みんな長野で下車。スキー客だった。ちょうど寒波がやってきている今、金沢まで遊びに行く人たちは少なかったようだ。駅周辺は京都・名古屋・札幌のような雰囲気に近かったけど、ホテル以外は意外と何もない。僕は金沢駅からバスで約35分離れたホテルに泊まったので、移動はほとんどバスを使った。地元の人に訊いたところ、栄えた繁華街は「片町」というところだという。金沢駅からバスで10分ちょっと。

仕事を終え、ネットで調べて「駅前シネマ」というピンク映画館に行ってみた。タイミングによっては女装子さんもいるらしい。が、この日は天候も悪く、お客さんもおじさんが4、5人いるぐらい。行くならオールナイト営業をしている土曜日だったなぁ……。

映画館の近くで空いてる居酒屋にふらりと入ってみた。金沢だから美味いものが安く食べられる!と楽しみにしていたけど、入ってみて小綺麗な店内にやや違和感を覚え、メニューの料理写真があまり美味しそうに見えないことも引っかかったが、値段は手頃だし、気のせいかと思ったが、失敗だった。可もなく不可もなくだし、ほとんどがどこの居酒屋でも食べられるものだった。すぐに店を出た。周りの雰囲気が良さそうな店はどこも満席に近い様子だった。ガラガラの店は新しい雰囲気の店が多かった。近くに街のこじんまりした本屋があり、ちょっと覗いてみる。エロ雑誌も置かれていて、ウチの本はないかなと探したらなぜか『男の娘のヒミツ』だけ置かれていた。良い本なのに、あまり置いてくれている本屋がないみたいなので嬉しい。

Print

駅前はそんな感じだったから、ホテルに帰る前にバスで片町へも行ってみた。散策して数軒はしごしようかと最初は思ったが、雪も降っていて寒かったので一軒だけ寄ることにした。普通の店に行ってもつまらないので、「ニューハーフのいる店」と書かれた地下のスナック的な店へ。カウンターとボックス席ひとつの小さな店。2人の先客。カウンターには、中年のニューハーフらしき人と、若々しく見える完全な男性。結果的には、僕はゲイの男性店員と1時間半ほど会話を楽しんで帰った。滞在中には10人ほどの観光客っぽいお客さんたちが出入りして慌ただしかった。店のママさんは、かなり遅れて登場。年配だけど綺麗で上品そうなニューハーフだった。帰り際にちょっとだけ話した。今度、金沢に行くことがあれば、また行ってみたいと思う。

来週は大阪に撮影へ。

※最近、このHPからモデル応募を頻繁にもらっています。仕事場の引越しも落ち着いてきたので、ちゃんと返信を返したり面談したりする機会も増えてます。こちらは真剣に撮影したいので、モデル(特にAV出演など)をやってみたい方はできるだけ詳しく応募フォームについて書いてください。写真は女装したものがあれば顔写真、全身写真、女装してない状態の写真など、こちらも、できる限り「あなた」のことが分かる写真をお願いします。プリクラなどだと、修正されていたりするので、こちらで用意するメイクやウィッグを考える上で分かりにくいです。まだ見ぬ原石を探しているので、未経験の方、地方在住の方も応募大歓迎です!

TAGS :