大阪で撮影

2016.01.29 (金) お知らせ

金沢に続き、2日前には大阪で女装系の撮影をしてきた。近々出す予定のAVの撮影だったけれど、モデルさんが自宅撮影OKとのことで生活空間の中でいろいろと撮影させてもらった。

それはさておき、来週2月3日には「勃-1グランプリ」というイベントがある。第3回。ここでも紹介したことのある「紙パンツNight」のスピンオフイベントとして独立したものである。

内容はというと、AV監督たちが5分のエロ・フェチ・変態系の動画を持ち寄って、お客さんに「勃ち」を基準に採点してもらうガチンコのコンペだ。「タチワン」の「勃ち」というのは「心の勃起」をも指す。女性も大歓迎。商業用ではない、己の想う渾身のエロス作品でしのぎを削るのだ。第二回は深夜イベントにもかかわらず白熱した戦いになった。

勃-1白黒ビラQR入り

紙パンツNight内の余興として開催した第一回はHMJMの梁井一監督が、第二回はベテランの二村ヒトシ監督がそれぞれ優勝。僕は前回2位だった。今回の8名は何を用意しているだろうか。僕はようやく、2日前の大阪でのAV撮影のあと、出会い系サイトで知り合った女装子の自宅に行き、人生の深淵からにじみ出るエロスを撮影。おそらく、それを出すつもりでいるが、当日の気分で変えるかもしれない。ジャンル関係なく、それぞれの「真実」「エロス」が5分だからこそ究極の形で表れる現場に立ち会うべし!